変形性膝関節症の治療情報ガイド

変形性膝関節症の治療情報ガイド

変形性膝関節症の治療法について

膝痛

変形性膝関節症の治療法は保存療法と外科的療法の2種からなります。

症状のグレードによって更に分類された療法を選択していきますが、症状と前向きに付き合っていく姿勢も改善に大きな差をつけます。

かかりつけの整形外科医と相談して、無理のない範囲で治療を受けて症状を和らげましょう。

治療法の種類について

保存療法では膝関節の症状である痛みを和らげたり、進行を予防します。 リハビリテーションを含む運動療法、物理療法、薬物療法、装具療法などがあります。 外科的療法は手術によって膝関節自体を治療する内容になります。

運動療法

運動によって身体機能を回復させることで代謝をあげ、ロコモティブシンドロームを予防しつつ膝関節の細胞を活性化させます。 運動は激しいものではなく静止した状態で行う軽いスタイルです。 筋力トレーニングでは太腿四頭筋をメインに鍛えていくことで、膝へかかる体重負荷を軽減し痛みを和らげます。 可動域トレーニングでは膝の可動域を広げて屈伸をスムーズに促します。
※運動療法は重度のグレードや、痛み、炎症、腫れの症状がある場合では受けられません。

装具療法

サポーター、インソール、杖、機能的ひざ装具などを用いて、日常生活における動作をサポートします。 体重を効率的に分散させるので、膝関節への負担が和らぎます。 次のような効果もあり、自分にあったスタイルの装具を使用します。
・膝関節を保温して痛みを軽減するもの
・膝関節を固定させて安定化させるもの
・日常の動作を補助するもの
・矯正効果で体の歪みを改善していくもの

物理療法

中等度レベルの症状に向いた治療法です。 定期的に物理療法を受けることで関節の可動域を広めて、動きを滑らかに促進します。 物理療法は医療機関によって特色が違いますが、主に次のような種類があります。
・寒冷療法・・・患部を冷やして炎症や腫れを抑えます。
・温熱療法・・・ホットパックやマイクロ波で皮下組織を温めて血行不良を改善します。
・電気療法・・・EMSなどの低周波を用いて筋肉委縮をなくします。
・光線療法・・・・遠赤外線や出力の弱いレーザーをあてて膝関節周辺の痛みを和らげます。

薬物療法

内服薬、座薬、外用薬、注射などに非ステロイド系消炎鎮痛剤を用いて、痛みや炎症を抑える治療が中心です。 また、関節内注射では痛みだけではなく膝軟骨のクッション代わりにヒアルロン酸を注入するものや、伏在神経をブロックするものもあります。 関節内に直接針を入れるので、安全性に賛否両論があります。

外科的療法

保存療法では効果がみられない、グレードが4段階に達した症状で外科的療法に踏み切るケースが大半です。 手術には、人工膝関節全置換手術、片側人工膝関節弛緩手術、高位脛骨骨切り手術、関節鏡視下手術などがあり、症状や個人を取り巻く環境に合わせて手術方法が選択されます。